今すぐ借りたい 即日キャッシング選びのポイントはココ

8470-546x546

急な出費は誰しも予想しにくい出来事で、長い人生の間には幾たびかの物入りに悩まされてしまう事もよくあるものです。

知人や身内での出産祝いや結婚式、結婚して子供が生まれれば、兄弟姉妹揃っての入学や卒業時、はたまた同僚の冠婚葬祭など、人付き合いが多ければ多いほど、この手のイベントは避けられないものです。

給料日やボーナス日がもう少しなのに、と悔やんでみてもこれらのイベントは、本人の都合よく待ってくれる類いのものではありません。

こうした場合に、すぐにでもお金の借り入れのできる金融会社は、利用者に非常に都合の良いものですが、少しでも急いでいる場合、金融業者の選定にもじっくりと探す時間すら、惜しいのではないでしょうか。

特に、銀行ローンなどの借り入れの際は、厳しい審査から仮に融資が通ったとしても、時間があまりにもかかり過ぎてしまい、利用者にとっても現実的ではありません。

かといって、親せきに借り入れするのも憚れるといった場合は、金融会社によるキャッシング利用が、一番おすすめの方法と思われます。

ただし、あまりにも急いでお金借りたいからと言って、適当に金融業者を選ぶのは危険で、最低限押さえておくべきポイントを学んでおくべきです。

  1. 借り入れの際の、金融会社の選定において、最低限抑えておきたいポイントとは、まず第一に優良で安全な金融会社を選ぶこと
  2. 第二に借り入れの際の金利を、よく確かめたうえで借り入れを行うこと
  3. 第三に、借り入れに際しての返済方法が、ご自分のライフスタイルにマッチしているか、またその返済方法自体をよく理解しているか

といった三つの点が最低限抑えておきたいポイントといえます。

特に、年利20%を超えるような金融業者は、安全な金融会社と言えない事も多く、これらのポイントを押さえておく事で、安全に借り入れが行える可能性が高いという事をよく理解しておきましょう。

また、金融会社で是非お勧めしたいのが、即日審査と即日融資が可能な金融会社で、融資まで1週間以上かかってしまうようでは、何の意味もありません。

金融会社によっては、ウエブ上からの申し込みや専用の無人申込機などがある為、最短でも1時間から3時間で融資が完了する場合もあるのです。つまり、午前中に申し込みを終えれば、その日のうちに確実に融資を得る事が可能だということです。

特に、自宅からのインターネットの申し込みであれば、書類を忘れてしまうといったこともありません。

キャッシングは即日振込が主流?消費者金融の裏側

今の時代、「消費者金融=即日振込」という認識が当たり前になりつつあります。

審査基準がきびしく、カードの発行までに数週間程度の時間がかかる銀行よりも申込プロセスがシンプルで審査落ちのリスクがない金融業者ということで、初めてキャッシングやカードローンを利用する年齢層に特に支持されています。

高度経済成長期からバブル崩壊以前あたりまで、「お金を借りる場所」といえば銀行が主流でした。その当時の日本では、金融機関といえば銀行以外にはほぼないといってもいいような状況で、銀行の返済が滞った場合は非合法な闇金に頼るしかありませんでした。

時代が下って、バブルが崩壊して銀行の体力が大幅に落ち込んだことによって、日本国内に長らく根づいていた「銀行神話」までもが根本から揺らいでしまい、銀行のかわりになる金融機関がもとめられるようになりました。

そうした時代のニーズを敏感に感じ取り、スキマを埋めたのが消費者金融です。

「低金利、即日融資」という銀行には決して真似のできない融資システムを確立したこの新しい金融機関は短期間のうちにシェアを拡大し、やがて銀行の影響力をはるかに凌駕するほどの一大勢力へと成長していきました。

その一方で、高金利であるがゆえに多重債務や自己破産の温床になってきたことも事実であり、年利35%という暴利を掲げるグレーゾーンな金融業者も横行していました。

政府としても無策ではいられず、貸金業法の改正によって金利の上限を明確化したことによって法外な金利をむさぼる違法業者は淘汰されていきます。

また、金融業者全体も業界イメージのクリーンアップに務めたという経緯があり、その結果として「銀行以外でも安心してお金が借りられる」という認識が一般レベルでも広がった、というのが現在までの大まかな流れです。

かつて、銀行とそれ以外の金融機関はある種のライバル関係にありましたが、最近では徐々に両者の棲み分けが明確になってきており、これまでのように単純にシェアを奪い合うような状況ではなくなりつつあります。

現在の日本国内では、低金利で借りられる銀行は企業や個人事業主の投資向け、金利の高い金融機関は短期間の返済を前提とする個人向け、という風に一般レベルでも理解されているようです。

かつてのように銀行がほぼすべての融資ニーズをカバーしていた、という時代のほうが不自然であり、それぞれの得意分野が細分化し違いがわかりやすくなるのはユーザーにとってもメリットが大きい変化であると言えます。

初めてのキャッシングで最低限のポイントは押さえておこう

checklist-1917547_640

気軽に便利で、必要条件さえ整えば、どなたでも借り入れが行えるキャッシングは、今や消費者の間でかなり浸透してきました。

しかし、何でも初めてというのは不安なもので、条件がそろっているのにもかかわらず、不安に駆られ怖じ気づいてしまうといった事も少なくありません。一昔前のように、消費者金融はサラ金などを代表する悪徳金融業者の巣窟でもありました。

しかし現在では、金融法の整備もいきとどき、厳しい管理体制のもと、多くの消費者金融会社は健全な経営を行っています。この法律によって、法外な金利を求められる事もなく、また借り入れに際しても収入の1/3を超える借入は行う事ができません。

こうした、法整備の適正化とガラス張りの経営方針により、消費者にとって理解しやすい存在として、より使い勝手が良くなったと言えるでしょう。

さらに昨今、懸念材料となっている個人情報などのプライバシー問題ですが、各金融会社も万全の態勢でセキュリティーを強化しており、個人情報が簡単に流出するといったこともほぼありません。

また、借りた側が返済を忘れてしまった場合でも、直接電話で社名を名乗ることなく、家族間であってもこのプライバシーは守られているのです。

初めて借り入れを行う際には、いくつかのポイントに注意しておく必要があります。一番大切なことは、借入先にあたる金融業者などの選定で、中には自分の返済能力を超えた貸し出しを行う業者もおり、金利も高く設定している場合が多いので、こうした悪徳業者には気をつけなければなりません。

まず、初めて借り入れる場合は、自分がいくら借りたいのではなく、自分の返済能力がどのくらいあるのか、実際に計算しておく必要があるのです。ご存じのように、収入の1/3を超えるような借り入れを行う事はできません

しかし、あまりにも簡単に借り入れができてしまう為、中には必要以上に借り入れを繰り返す方も存在します。

法律を順守した借り入れシステムとはいえ、あくまでもご自分の返済能力に応じて、お金を借りなければなりません。返済が滞ってしまえば、当然督促が来ますし、将来家などを購入しようといった場合にも、影響を及ぼしてしまう可能性も高いのです。

したがって、初めてであれば、まず少額の借り入れを行い、借入先となる金融会社は、安全で使い勝手の良い大手の消費者金融か、条件さえ整えば銀行ローンなどを使用するとよいでしょう。

キャッシング会社の金利を比較して借り入れの判断材料にしよう

arrow

キャッシングには、大きく分けてクレジットカードに機能が付けられているものと、消費者金融によるキャッシングとがあります。

両者の違いはほとんどなく、クレジット会社がカード機能の一部として利用できるのに対して、消費者金融ではキャッシングそのものをサービスの主体として、利用者に提供しているものです。

私たちが借り入れを行う際に、選択の一つとして行うのが金利との比較ですが、当然最終的な支払額に差が生じてきますので、利用者にとっても元金そのものに影響してくる実質年利は、やはり一番に最重要視されるものでしょう。

そこで、大手と呼ばれる消費者金融と、クレジット会社との実質年利には、どのような差があるのでしょうか。まず大手のクレジット会社ですが、実質年利は次のようになっています。

  • JCBカードは年利15.0%から18.0 %
  • 三井住友カードは年利15.0%から18.0%・MUFGカードは14.95%から17.95%
  • オリコカードは15.0%から18.0%
  • セゾンカードは12.0%から18.0%
  • エボスカードは18.0%
  • イオンカードは7.8%から18%
  • 楽天カードは18%

となっています。

実質年利には、このように一定の幅がありますが、10万円程度の借入金であれば、ほぼ最大金利が適用されているようです。

では次に、大手の消費者金融会社を見てみましょう。

  • アコムが3.0%から18.0%
  • アイフルが3.0%から18.0%
  • プロミスが4.5 %から17.8%
  • SMBCモビットが3.0%から18.0%

となっています。

こちらも同様に、借入金が少額であれば、最大金利が適用され、借入金が多くなればなるほど、金利が下げられる傾向にあります。

また、借入限度額に応じて金利が変動していきますので、一概に消費者金融が勝っているとは言いにくい部分もあります。私たち利用者が借入行う際は、急にお金が必要になった場合です。

海外旅行先で、現地の紙幣が必要になった場合、お金を借りる方法は、このキャッシングといった方法でしか得る事ができません。

銀行ローンなどでは、審査に時間がかかる為、急に物入りなった場合には現実な方法とは言えないのです。

また、消費者金融では、30日間無利子など様々なサービスを受ける事ができます。無利息サービスは、金融会社によっても異なってきますが、定められた期間内であれば利息が発生しません。

つまり、実質的に元金だけを借りる事ができ、余分にお金を返す必要がありませんので、消費者にとっても大変にうれしいサービスの一つと言えるでしょう。